【おすすめ本】沈黙のWebライティング(著:松尾茂起)

Webライター

「Web検索で自分のブログを上位にしたい」

「Webライターはじめたけど、どんなこと書けば記事が読まれるの?」

そんな悩みに答えてくれる本が、「沈黙のWebライティング」です。とても長い本ですが、ストーリー形式で読みやすいので、SEO関連の必読書として多くの方に愛読されています。

この記事では、こちらの本についてサクッと紹介していきます。

本の基本データ

<あらずじ>

主人公・ボーン片桐(Webマーケター)が栃木・須原の旅館「みやび屋」を訪れるところからお話が始まります。

経営危機の「みやび屋」を、Webマーケターのボーンならではの観点から救い出すという壮大なストーリーです。

内容紹介

SEOのためのライティング教本の決定版! 「成果が上がる」文章の書き方がわかる!

Webで「成果を上げる」ための文章の書き方を実用入門書。

謎のWebマーケッター「ボーン・片桐」が活躍するストーリーを通じて、

SEOに強いライティングのノウハウを学ぶことができます。

本書はWeb上で連載され、大人気を博したコンテンツを書籍化したものです。

連載をまとめた本編全7話に、書籍だけの書き下ろしとなる本編エピローグ、

Webで成果を上げる文章を書くための手法や思考法を伝える

特別解説(約100ページ)を加えました。

特別解説は、ストーリーを通じて語られるさまざまなノウハウや考え方を、

より深く具体的に掘り下げた実践的な内容になっています。

Webサイトやブログの記事だけではなく、

ビジネス文書などにも活用できるライティング教本の決定版です!

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘— | 松尾 茂起, 上野 高史 | 工学 | Kindleストア | Amazon

上記の通り、Webで検索される文章・コンテンツについて徹底研究され、解説されています。

キャラクターの一人一人がインパクト強めですが、そこに気を取られすぎないように読めば非常にためになる本です。

目次

<ストーリー目次>

EPISODE 01 SEOライティングの鼓動

EPISODE 02 解き放たれたUSP

EPISODE 03 リライトと推敲の狭間に

EPISODE 04 愛と論理のオウンドメディア

EPISODE 05 秩序なき引用、失われたオマージュ

EPISODE 06 嵐を呼ぶインタビュー

EPISODE 07 今、すべてを沈黙させる・・・!!

エピローグ 沈黙のその先に ※書籍書き下ろし

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘— | 松尾 茂起, 上野 高史 | 工学 | Kindleストア | Amazon
看板犬・朱雀
看板犬・朱雀

なんだか、中二病みたいな目次だけど…

SEO初心者の旦那さんも大丈夫だった?

SEOを徹底的にかみ砕いて、初心者でも分かりやすいコラム付きです。

ストーリーに気を取られすぎないように参考にしていけば、非常にためになります。

ヴェロニカさんの解説コラムを読むだけでも、SEOの基本がざっくりと把握できるので、もしストーリーが気になりすぎる方でも心配ありません。

こんな時に使える本です

ためになるといっても、この本をどんな場面で使えばいいのか。

使える場面の一例を紹介していきます。

  • ブログやWeb記事を書く(私のようなWebライターとか)
  • ホームページを作る
  • SNSでバズる投稿を書く
  • ビジネスでのレポート作成やお店のチラシを作る(Webだけに限らず使えます)

まとめ

多くのブログでもご紹介されていますが、Web関連のお仕事だけに限らず、文書作成にも役に立つ本です。

関心のある方は、ぜひご一読ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました